原因を見直す努力を|仕事でストレスを感じたら|頑張り屋のあなたへ捧ぐ
女性と男性

原因を見直す努力を

カウンセリング

治療中での上手な対処法

ストレスを感じてしまう原因で多いのが仕事です。これに対してはいろいろなことが原因となってしまうのですが、過労や人間関係などがそれに当てはまります。肉体的・精神的な負担がストレスとなり、それが蓄積されてしまうと心の病気にもなりかねません。実際に、仕事が原因で精神科や心療内科に訪れる人も多いです。この場合、治療を始めると同時に、原因となることをどう対処していけばいいのかが問題となります。心の病気で代表されるのが、うつ病や適応障害などです。適切な治療を受けても、問題が解決されない限りは症状はなかなか治りません。そのために、医師と相談しながら仕事への対処法を決めていく必要があります。一般的に、症状がひどければ休職をするか、または今後を考えて退職する選択もできます。休職をする場合は会社に提出する診断書が必要になりますが、医師にお願いをすれば問題なく作成してくれます。どれぐらいで復帰できるかは症状の改善次第となり、医師や会社の人たちと確認をしながら復帰を目指していく形となります。しかし、ここで早く改善できるように焦ってしまっては、再びストレスを感じてしまうためよくありません。仕事のことは考えすぎないと同時に、十分に静養していくのが大切です。また、退職をする場合でも、静養をしたうえで症状がよくなってきてから就職活動を始めるのが無難です。次はなるべくストレスが抑えられる内容を意識するようにし、無理のないように就職活動を行っていくようにしましょう。これ以外にも、症状が軽いようであれば仕事を続けながらでも治療はできます。その場合でも、残業の軽減や職場移動などを申請するなどして、原因となることから避けていくのが不可欠です。このような流れから必要なときに医師がアドバイスしてくれるので、1人で悩まず的確な行動を起こしていくことができます。

特徴的な性格

仕事でストレスを感じやすい人は、性格にある特徴があります。その1つは、周りを異常に気にしてしまう人です。日本人はもともと空気を読むのが上手く、人と合わせた行動を求める傾向にあります。しかし、これをずっと気にしていれば知らず知らずのうちにストレスとなっていきます。人がたくさん集まる仕事場では確かに周囲の様子を気にするのも大切ですが、割り切った考えを持つこともある程度は必要です。次に、無理をしてしまう人もストレスを自ら背負ってしまうようになります。例えば過度の残業を受け入れてしまう、そして人に頼まれたら断りきれずに頑張ってしまうタイプです。人の期待に応えるのはいいことですが、体や心の負担を考えれば自分を優先させた仕事をしなければいけません。他には、負けず嫌いまたは自信過剰な性格も、意外にもストレスを感じやすい人です。常に競争心を持っている人は成果を残していけるような実績もありますが、人に負けたときはそれだけショックも大きくなります。そして自信過剰な人は自分の仕事の仕方に自信があるため、それが否定されればプライドが傷ついてしまうようになります。以上のようなストレスに弱い性格は、少しずつ改善していくようにすればだいぶ楽になれます。病院ではこのような仕事上でのストレスの原因を、患者本人の性格にも影響があるとみています。すぐに変化を求めるわけではありませんが、徐々に受けとめ方を変えていくように努力をすれば、ストレスの感じ方も違ってきます。薬での治療も大事ですが、環境の変化や受け止め方の工夫も大きな改善要素になってくるのです。