忙しいあなたこそ心も体もケアが必要

原因を見直す努力を

カウンセリング

仕事でストレスを受け続けると、心の病になりやすい傾向があります。実際にそのような理由で専門の病院に訪れる人は多く、その場合は今後の仕事への対処が求められてきます。自分にとっていい方向性を選ぶようにし、ストレスを感じやすい性格の改善もある程度は必要になります。

Read More

心を壊す前に対処する

メンズ

溜め込まない配慮

大人が気分障害を発症する原因は多様に存在していますが、中でも身近なのが仕事によるストレスです。職場のストレスの中でも身近にあるのが人間関係の問題です。特定の先輩や上司から嫌われてパワハラにあったり、失礼な後輩に振り回されてミスの責任を背負ったりすることがあります。また女性の中にはセクハラ被害に悩むケースも多いでしょう。仕事はお給料と直結していますから、続けなければ生活が成り立ちません。そのため黙って被害に耐え、ストレスから心の病気を発症する方が多いのです。仕事のストレスが招きやすい病と言えば鬱病が有名です。鬱は抑うつ状態が慢性化してしまう病ですから、仕事のストレスによって悩む時間が増えた場合、注意が必要です。気分の晴れない日が長期間に渡るだけでなく、動悸や頭痛、不眠などに悩まされるようになった場合は病院へ足を運びましょう。鬱病は初期の段階で治療した方が治りが早いですから、自身の状態が気になったときはすぐさま病院を頼ることが大切です。他にも仕事ストレスが招きやすい病気と言えば自律神経失調症が存在しています。自律神経とは身体のバランスを保つために重要な神経です。自律神経のバランスがストレスで壊れてしまった場合、眩暈や耳鳴りなど様々な身体的症状が発生します。心の病を癒すために重要なのは休息です。特に鬱病であれば悪化した場合、布団から起き上がれなくなってしまうことも少なくありません。病を適切に治すためには仕事を休む必要が生まれますので、そうならない内にリフレッシュするようにしましょう。

初期の対応が大切

仕事のストレスが溜まった場合、最も注意したいのが鬱病の発症です。鬱病の中には複数の種類が存在しており、発症したことに気づかない場合もあります。一般的な鬱と言えば抑うつ状態に置かれて人とコミュニケーションをとり辛くなるものですが、双極性障害と言う鬱になった場合、仕事に対して意欲的になるケースも少なくありません。双極性障害では躁と鬱の状態を交互に繰り返すことになるのです。ただし双極性障害の方が躁状態になっている場合、仕事で実現不可能なことに着手したり人と喧嘩したりしてしまうなど、様々な問題を引き起こすことになります。また注意したいのが過労の問題です。職場の人間関係には問題がなかったとしても、忙しさのせいで睡眠時間が削られてしまうことがあるでしょう。睡眠時間の欠如は人間の心身にストレスを溜め、鬱病の引き金となります。仕事によるストレスを溜めないようにしたい場合、適度な休息とリフレッシュが欠かせません。もしも仕事のせいで慢性的な悩みを抱えてしまった場合、カウンセリングを利用するのも良いでしょう。もしも職場の環境が変わらない場合、抑うつが悪化しないように転職を視野に入れることも大切です。自分自身の精神状態に不安を覚えた時は、鬱病などのチェックシートを利用してみましょう。そうしたシートを利用すれば自分の状態を客観視する上で役立ちます。鬱病や自律神経失調症の症状は薬で抑えることができますので、病を抱えながら仕事を続けることも可能です。そのためにも症状を軽度で抑えるようにしましょう。

働き盛りの健康を守る

オフィス

心療内科では、自律訓練法などが提供されています。心の整え方が学べることから、心療内科を受診する方は増加中です。仕事のストレスは、複数のストレッサーが影響していることもあります。環境を見直し、ストレッサーを減らすことが改善の近道です。

Read More

職場で気をつけたい病

ナース

仕事の過労や人間関係でストレスを感じた場合、気分障害になることがあります。微笑みうつ病などでは発症に気づかないこともありますので注意が必要です。こうした病は早期に薬を飲んで治療を受けることで、仕事を辞めずに済むケースもあります。

もっと詳しく